名古屋での会社設立をサポートする専門家

2006年の法改正により、会社設立のハードルは大幅に下がりました。
インターネットの普及がそれに更なる拍車をかけたと言えるでしょう。
しかし、だからといって誰もが皆、一人で会社を設立できるわけではありませんよね。
素人はあくまでも素人です。
専門家のサポートなしでは難しいケースも多々あります。
今回は名古屋で会社設立する際、どのような専門家にサポートを依頼するべきなのかの解説です。

会社設立の専門家といえば、まずは司法書士でしょう。
司法書士は登記の専門家であり、登記代行を法的に許可されている数少ない士業です。
具体的に言うと、登記代行を業務として行うことが許されている士業は弁護士と司法書士のみとなります。
しかし多くの弁護士にとって登記の代行は専門分野と言い難い業務になりますので、実質的に司法書士は日本で唯一の登記専門家と言えるでしょう。
つまり登記申請を誰かに依頼したい場合、実質的な選択肢は司法書士一択となるのです。
もちろん登記に必要な書類作成や登記後の設立届の提出などに関しての知識も豊富な司法書士が多いです。
会社設立について最初から最後まで一貫してサポートを依頼することが可能なのは司法書士なのです。

次は税理士です。
税理士も司法書士についで会社設立相談を受けることの多い士業であると言えます。
税理士の専門分野は、その名の通り税に関する部分です。
登記前の書類作成も任せられる税理士が多いですが、専門分野と言えるのは登記後の税務署の手続きでしょう。
税理士の場合報酬額が安いことも多く、会社設立後の顧問契約を前提にして設立サポートを無料としているケースもあります。
名古屋にはたくさんの税理士がいますので、顧問契約を考えているのであればそのような税理士にサポートを依頼するのが良いでしょう。

最後に行政書士です。
行政書士というのは非常に幅広い分野を網羅している士業で、会社設立に関する知識が豊富な行政書士も数多く存在しています。
とくに許認可を必要とする業種などの場合は、行政書士に相談するのがおすすめです。