会社設立!発行株式数とは?

 

会社設立をする時に、株式会社で登記する場合は、発行株式数についても考えておかなければなりません。
発行株式数とは、資本金を株式数で割った株式の数のことを言います。
会社設立をする時には、資本金を上限として発行株式数を自由に決めれるようになっています。

発行株式数によって、一株当たりの値段が変わってくる仕組みです。
例えば、資本金1000万円の会社で100株を発行する場合は、一株当たり10万円ということになります。
1000株発行すれば一株当たり1万円です。

資本金の上限を超えて、株式を発行することはできません。
また、発行可能株式総数も決めなくてはいけません。
これは、定款に定める必要がある、その会社が発行できる株式の上限数のことです。

その会社は、定款に記載した、発行可能株式数の上限を超えて発行することはできません。
もし、それ以上の数に増やすのなら、定款を変更しないといけないルールになっています。
また、公開会社の場合だと、発行株式数を発行可能株式数の1/4未満にすることはできません。

これは、発行可能株式数が、1000株だとして250株以上にしないといけないということです。
ただ、非公開会社だと、こういった決まりがありませんので、1/4未満の発行株式数でも問題ありません。
ちなみに、公開会社や非公開会社についても、定款にどちらの会社なのかを明記する必要があります。

公開会社というのは、株式を公開する会社のことで、この場合、株式を第三者が自由に譲渡できるようになります。
一方、非公開会社というのは、株式譲渡制限が設けられているため、自由に譲渡することができなくなります。

株式会社を設立したばかりの時だと、非公開会社に設定するのが一般的です。
そうしないと、会社を第三者に乗っ取られてしまう可能性があるからです。
株式というのは、その会社に出資をしているということであり、出資割合が多いとその会社の主導権を握ることになります。

第三者にそう言った乗っ取り行為をさせないために、非公開会社として初めは運営を行うのが一般的です。
このように、株式会社には、株式の発行について細かなルールが定められています。
もし手続きが不安な場合は、法務の専門家に、手続きの代理を依頼してみると良いでしょう。

また、会社の形態によっては、もっと簡単に会社設立できる合同会社というものもあります。
ですので、シンプルな会社運営をしたい場合は、合同会社で設立することをお勧めします。
合同会社も同じように法人扱いになりますので、立ち上げたばかりの少人数の会社であれば、ここから始めてみるのがいいでしょう。
途中で、合同会社から株式会社に切り替えることは、手続きを行えば可能ですので、それに関する情報を色々調べてみてください。