名古屋での会社設立は代行依頼するべき?

書類作成、登記申請、設立届提出などなど、会社設立にあたって済ませなければならないことはたくさんあります。
それらを自分でこなすのが難しい場合、専門家に代行を依頼することが一般的ですよね。
しかし、問題はそもそも「本当に代行依頼するべきなのか?」というポイントになります。

もちろん、スケジュールの都合でどうしても自分で法務局に出かけることができない場合などは、司法書士や弁護士に登記申請代行を依頼するしかありませんよね。
中規模以上の株式会社や合同会社を設立するのであれば、定款に株式に関わる事項や社員の出資に関わる事項、従業員を雇用する場合に関わってくる事項などを記載しなければなりません。
そうなると素人が自分で調べて定款を作成するのはかなりリスクの高い行為になりますので、専門家に定款作成を依頼する方が良いでしょう。
しかし逆に言うと、スケジュールの調整も十分に可能であり、社員は自分一人で将来的にも社員や従業員を増やす予定のない合同会社を設立するのであれば、代行依頼は必要ないケースも多いのです。

たとえば、もともと名古屋で個人事業主として事業を営んでいた人が、そのまま自分一人で法人成りする場合などです。
法人成りは収入が増えたことによる税金対策として行われることが多いので、個人事業主として既に安定した経営をしている人が多いですよね。
もちろん法人成り以降、事業を拡大し社員や従業員を雇う予定があるのであれば話は別になりますが、このようなケースでは基本的に現状維持できるような定款を作成できれば十分でしょう。
インターネットで調べながら定款作成することも非現実的な話ではないのです。
一人で経営している分、スケジュールも調整しやすいですよね。

名古屋には会社設立の心強い味方となってくれる専門家が数多く事務所を構えていますが、専門家も皆、ビジネスとして起業家をサポートしているのです。
依頼すれば当然報酬を支払わなくてはなりませんので、本当に依頼するべきなのかをまずよく考えてみましょう。