名古屋で会社設立する際の費用相場とは?

多かれ少なかれ、お金を支払う機会には費用相場が気になるものですよね。
名古屋で会社設立する際もやはりお金が必要になりますので、費用相場が気になる人も多いでしょう。
しかし、結論から言うと会社設立の費用に相場と言うものはほぼ存在しないと言って良いでしょう。

100万円の資本金で法人成りする個人事業主がいれば、1000万円以上の資本金で子会社を設立する大企業も数多く存在します。
つまり、資本金の金額によって設立費用は大幅に違ってきてしまうのです。
強いていうなれば、中小規模の会社設立の場合は1000万円以下の会社設立費用となることが多いと言えます。
資本金が1000万円以上の場合、初年度から消費税が課税されるからです。

ただ、会社設立費用と言うのは資本金が全てではないですよね。
資本金に比較すればかなり少額になることが多いですが、設立の手続きにも費用が発生します。
この手続きに必要となる費用のみを考えれば、相場と言うものは存在するのです。

設立の手続きに発生する費用は、主に登録免許税、印紙代、定款認証の手数料、そして印鑑証明書代、謄本手数料、印鑑購入費などのその他雑費となります。
合同会社など持分会社の場合、定款認証そのものが必要なく、登録免許税が6万円、印紙代が4万円なので10万円前後になることが多いでしょう。
株式会社の場合は登録免許税が15万円で定款認証の手数料が5万円になります。
25万円前後となることが多いのです。

ただし最近は定款をデータ化して提出する電子定款が主流になってきており、これを利用すると印紙代の4万円を削減可能となります。
故に手続きに発生する費用の相場と言う意味では、マイナス4万円ほどでも良いかもしれません。
しかし電子定款はある程度パソコンのスキルが必要になりますし、定款そのものの内容の部分で専門家に報酬を支払って代行依頼するケースも多々あります。
故にそれを差し引いて考えると、最終的な相場と言う意味では、やはり持分会社が10万円前後、株式会社が25万円前後となることが多いのです。