名古屋で使える会社設立の補助金

名古屋で会社設立する際には、いくつかの補助金を受け取ることができる場合があります。
補助金は基本的に要件を満たしている者が審査に通過して初めて受け取ることが可能となる資金ですので、申請したから必ず受け取ることができるとは限りません。
しかし申請するに越したことはありませんので、しっかりと把握しておくことがおすすめです。

補助金は基本的に、経済産業省の補助金、厚生労働省の補助金、地方自治体の補助金、民間の補助金の4つに分類できます。
その中でも名古屋で会社設立する際に抑えておくべきと言えるのは、創業・事業継承補助金、小規模事業者持続化補助金、そして名古屋市の補助金です。

創業・事業継承補助金は、経済産業省の中小企業庁から交付決定を受けた民間企業が実施している補助金で、新規で会社設立したり、事業を継承したりした場合に申請可能となっています。
新に需要や雇用を生み出す可能性を秘めた斬新なアイデアや技術の活用を評価して支給される補助金なので、ベンチャー企業を目指す起業家は必ず申請するべきでしょう。

小規模事業者持続化補助金も経済産業省の認可した特別民間法人が実施する補助金で、その名の通り小規模の事業者が対象となっています。
経営に関わる指導を受けることもできるので、会社設立後にこの補助金を受け取ることができれば、経営もしやすくなるでしょう。

最後に名古屋市の補助金です。
創業・事業継承補助金や小規模事業者持続化補助金は年度ごとで募集していますが、地方自治体の補助金は期間限定であることも多いです。
その都度名古屋市のホームページなどでどのような補助金があるのかを確認して、申請できる補助金がないかチェックするのが良いでしょう。

これらの他にも国や自治体では数多くの補助金制度を実施しています。
会社設立時だけでなく、設立後間もない会社や特定の条件に該当する会社を対象とした補助金も数多く存在しますので、可能な限りそれらを把握して申請することをおすすめします。