会社設立をする時に、株式会社で登記する場合は、発行株式数についても考えておかなければなりません。
発行株式数とは、資本金を株式数で割った株式の数のことを言います。
会社設立をする時には、資本金を上限として発行株式数を自由に決めれるようになっています。

発行株式数によって、一株当たりの値段が変わってくる仕組みです。
例えば、資本金1000万円の会社で100株を発行する場合は、一株当たり10万円ということになります。
1000株発行すれば一株当たり1万円です。

資本金の上限を超えて、株式を発行することはできません。
また、発行可能株式総数も決めなくてはいけません。
これは、定款に定める必要がある、その会社が発行できる株式の上限数のことです。

その会社は、定款に記載した、発行可能株式数の上限を超えて発行することはできません。
もし、それ以上の数に増やすのなら、定款を変更しないといけないルールになっています。
また、公開会社の場合だと、発行株式数を発行可能株式数の1/4未満にすることはできません。

これは、発行可能株式数が、1000株だとして250株以上にしないといけないということです。
ただ、非公開会社だと、こういった決まりがありませんので、1/4未満の発行株式数でも問題ありません。
ちなみに、公開会社や非公開会社についても、定款にどちらの会社なのかを明記する必要があります。

公開会社というのは、株式を公開する会社のことで、この場合、株式を第三者が自由に譲渡できるようになります。
一方、非公開会社というのは、株式譲渡制限が設けられているため、自由に譲渡することができなくなります。

株式会社を設立したばかりの時だと、非公開会社に設定するのが一般的です。
そうしないと、会社を第三者に乗っ取られてしまう可能性があるからです。
株式というのは、その会社に出資をしているということであり、出資割合が多いとその会社の主導権を握ることになります。

第三者にそう言った乗っ取り行為をさせないために、非公開会社として初めは運営を行うのが一般的です。
このように、株式会社には、株式の発行について細かなルールが定められています。
もし手続きが不安な場合は、法務の専門家に、手続きの代理を依頼してみると良いでしょう。

また、会社の形態によっては、もっと簡単に会社設立できる合同会社というものもあります。
ですので、シンプルな会社運営をしたい場合は、合同会社で設立することをお勧めします。
合同会社も同じように法人扱いになりますので、立ち上げたばかりの少人数の会社であれば、ここから始めてみるのがいいでしょう。
途中で、合同会社から株式会社に切り替えることは、手続きを行えば可能ですので、それに関する情報を色々調べてみてください。

 

税金の負担は年々大きくなり、普通に働いているだけのサラリーマンも、その税金負担は大きくなっています。
しかし、税金対策さえしっかりしておけば、負担になる分も少なくできることを知っているでしょうか。
近年、サラリーマンの間で税金対策としておこなわれているのが会社設立です。
会社設立は国でも優遇されており、会社設立などで使った費用に関しては、課税されないものもあります。

ここではとても簡単に説明していますが、経費として落とすことができるということもあって、サラリーマンの中には自分の会社を持って税金対策をしている方も多くなっているのです。
近年は副業する方も多くなってきたことで、より今後は会社として設立する方が多くなっていくのではないでしょうか。

では、具体的にどれくらいの節税になるのでしょうか。
これに関しては設立する会社の規模によっても変わってきます。

実際に自分だけの会社を作るのも良いですし、人材を採用して本格的に会社としてやっていくということもできるでしょう。
巷では、年収が500万円以上ある場合は、会社を設立した方が節税になると言われています。
すべてがその限りとは言えませんが、確かにただ単に給料だけを稼いで税金を払っているよりは、会社設立によって節税した方がお得になることも多いです。

生活の中で色々な経費を会社設立によって会社で落とせるようになれば、より節税だけではなく、費用の作戦にも使っていくことができます。
例えば、自分で使うパソコンや書籍、その他の設備に関しても会社設立をしてしまえば、会社の運営に必要なものとして認められることがあります。
それらも含めて、節税だけではなく、他の部分でも費用やコストを節約していくことができるのです。

サラリーマンが会社設立をするメリットは大きいです。
むしろ近年は経済を活性化させるため、国でも会社を優遇することが多くなっているため、デメリットと呼べるものが今後も少なくなっていくと言えそうです。
会社設立はサラリーマンにとっても税金対策になるし、日々の節税にも繋がってくるので上手に活用していきましょう。
もちろん、普通のサラリーマンにとっては難しいこともあるので、そこはしっかりと専門家の意見なども参考にしながら決めていくことをおすすめします。
そうすれば、より安心して会社を設立できる他、色々なことにも活用していくことができるのではないでしょうか。

今回の記事では実際に名古屋で会社設立したUさんの事例をご紹介します。

名古屋生まれ名古屋育ちのUさんは、地元住民ならではの人脈を生かしながら地域密着型の事業を営んでいました。
商店街の一角に店舗を構える個人事業主だったのです。
もともと自分一人でずっと事業を営んでゆくつもりだったUさんは、将来的にもずっと個人事業主のままでいるつもりでした。
続きを読む

書類作成、登記申請、設立届提出などなど、会社設立にあたって済ませなければならないことはたくさんあります。
それらを自分でこなすのが難しい場合、専門家に代行を依頼することが一般的ですよね。
しかし、問題はそもそも「本当に代行依頼するべきなのか?」というポイントになります。
続きを読む

多かれ少なかれ、お金を支払う機会には費用相場が気になるものですよね。
名古屋で会社設立する際もやはりお金が必要になりますので、費用相場が気になる人も多いでしょう。
しかし、結論から言うと会社設立の費用に相場と言うものはほぼ存在しないと言って良いでしょう。
続きを読む

よく助成金と補助金を混同してしまうことがありますが、これらは似て非なる資金です。
助成金は条件を満たしていれば基本的に申請するだけで誰でも貰うことができるお金ですが、補助金は条件を満たし、さらに申請後の審査を通過して初めて受け取ることが可能なお金です。
名古屋で会社設立する際はこれらを混同しないように、申請するべき助成金、補助金をしっかりと把握しておくことが重要になります。
今回は名古屋で会社設立する際、または会社設立後に把握しておきたい「助成金」についての解説です。
続きを読む

名古屋で会社設立する際には、いくつかの補助金を受け取ることができる場合があります。
補助金は基本的に要件を満たしている者が審査に通過して初めて受け取ることが可能となる資金ですので、申請したから必ず受け取ることができるとは限りません。
しかし申請するに越したことはありませんので、しっかりと把握しておくことがおすすめです。
続きを読む

2006年の法改正により、会社設立のハードルは大幅に下がりました。
インターネットの普及がそれに更なる拍車をかけたと言えるでしょう。
しかし、だからといって誰もが皆、一人で会社を設立できるわけではありませんよね。
素人はあくまでも素人です。
専門家のサポートなしでは難しいケースも多々あります。
今回は名古屋で会社設立する際、どのような専門家にサポートを依頼するべきなのかの解説です。
続きを読む

名古屋には会社設立のための相談窓口が数多く存在しています。
その中でも最初に相談するべき窓口といえば、やはり名古屋法務局でしょう。
法務局では登記に関する相談を受け付けていることが一般的で、名古屋法務局も例外ではありません。
土地や建物に関する不動産登記の相談や社団法人や財団法人の設立に関する法人登記の相談、そしてもちろん、会社設立の登記である商業登記の相談も受け付けています。
続きを読む

公証役場、法務局、税務署、名古屋市、愛知県、労働基準監督署、ハローワーク、年金事務所、金融機関、名古屋で会社設立するにあたっては、これだけの場所で手続きを行う必要があります。
株式会社か持分会社か、社員(出資者)や従業員が複数いるのか自分一人の会社なのか、といった部分で必要のなくなる手続きもありますが、最低でも法務局、税務署、名古屋市、愛知県、年金事務所、金融機関などは必ず訪れる必要があるでしょう。
続きを読む