名古屋での会社設立の要注意事項

「日本の三つの主要都市は?」と聞かれたら、あなたはどのような回答をしますか?
東京と大阪に次いで、どの都市を答えますでしょうか?
横浜、福岡、神戸、札幌など、候補に挙がる都市は複数存在しますが、やはりほとんどの人は、「名古屋」と答えるでしょう。
実際に名古屋は東名阪の三大都市圏のうち、中京圏の中心地となっていますよね。
名実ともに名古屋は、日本第三の都市なのです。

ちなみに世界規模でみても名古屋の域内総生産はランキング20位以内に入っていますし、人口も40位以内に入っています。
名古屋は世界に名だたる大都市に肩を並べている、巨大な経済都市なのです。

そんな名古屋で会社設立すると言うことは、それだけ同業他社などのライバルが多いと言うことになります。
チャンスが多いと言うことは、競争率も高いということですよね。
つまり名古屋で会社設立し生き残ってゆくためには、会社経営の基本や斬新なアイデア、地道な努力や画期的な技術、そういった全てのファクターを研鑽し続けなければならないのです。
そして当然、会社設立当初にどれだけ好スタートを切ることができるのか、と言う部分も非常に重要になってきます。
もちろん後から経営の立て直しが可能な場合もありますが、スタートが悪かった故に経営が立ち行かなくなり消えてしまった会社と言うのも、名古屋では星の数ほど存在しています。

ではいった、どうすれば名古屋で会社設立の好スタートを切ることができるのでしょうか?
やはりまずは、会社設立にあたっての基本的な知識が重要になるでしょう。
ただぼんやりと「会社設立は法務局に行けば良い」としか認識していない人もいるかもしれませんが、その状態で会社設立するのは無謀です。

たしかに会社設立と言うのは、法務局での登記申請が受理された時点で成立すると言えるかもしれません。
しかし、本当の意味で会社設立が完了したと言えるのは、登記申請の後に都道府県や市区町村、税務署、労基署、ハローワーク、年金事務所などなど、各所で設立届提出の手続きを完了させ、さらに銀行などの金融機関で法人口座を設立したときなのです。
これらはどこでどのような手続きをする必要があるのか、どのような書類を提出する必要があるのか、事前に調べてしっかりと準備しておく必要があります。
必要に迫られるままに手続きしていてはスケジュールも滅茶苦茶になってしまうでしょう。
会社設立時の貴重な時間を無駄に浪費してしまっては、好スタートを切れるはずがありませんよね。

さらに登記申請の前にも、かなりの準備が必要になります。
定款という会社の経営に直接影響する超重要書類を作成しなくてはならないからです。
この定款をいいかげんな内容で作成してしまったために経営が続けられなくなった会社も数多く存在しています。
しっかりと熟考して作成しなければならないのです。
株式会社の場合は登記申請の前に、この定款を持って公証役場に足を運ぶ必要もあります。
公証人による定款認証を受けなければならないからです。
こういった会社設立までの一連の流れや、その内容について詳しく理解しておかなければ、名古屋と言う群雄割拠の戦場で生き残れる会社を設立するのは難しいでしょう。

もちろんそれだけではありません。
名古屋で会社設立し好スタートを成功させるには、会社設立にあたって必要になるお金についても把握しておかなければならないでしょう。
会社設立のお金と言うと多くの人は資本金をイメージするかもしれませんが、資本金だけが会社設立時に必要となるお金ではありません。
各種手続きに必要となる費用や雑費もそれなりの金額が必要となります。

具体的に言うと登記申請の際の登録免許税、株式会社が定款認証を受ける際の公証人手数料などです。
中でもとくに高額なのが登録免許税で、合同会社や合資会社、合名会社といった持分会社の場合で6万円です。
株式会社の場合の登録免許税は15万円にもなりますし、公証人手数料が5万円かかりますので、最低でも20万円以上は必須なのです。
電子定款を利用すれば削減できますが、収入印紙代も4万円発生します。
他にも会社の実印にする印章の購入費や印鑑証明書の発行費用、定款の謄本手数料などなど、雑費は必要になります。

さらに会社設立の手続きや書類の作成を自分で行うことが難しいと判断した場合には、司法書士や行政書士、税理士と言った専門家に依頼する必要がありますよね。
その場合にはどの士業に依頼するべきなのか、費用はどの程度なのかも考えなくてはなりません。
たとえば登記申請を代行したいのであれば、司法書士か弁護士にしか依頼することはできません。
登記申請とは基本的に本人が行うのを原則としており、登記の代行を行うことを法律で許可されているのは司法書士と弁護士のみなのです。
このようにケースバイケースで依頼する専門家を選択し、その費用も計算しておかなければ好スタートは成功できないのです。
総合的にサポートしてくれるおすすめの税理士法人:ベンチャーサポート税理士法人

今回解説したのは、会社設立に関する基本中の基本的な部分です。
さらに掘り下げて熟考するようにしましょう。